第4回あたらしい創作絵本大賞の審査結果発表
第3回あたらしい創作絵本大賞の審査結果発表
第2回あたらしい創作絵本大賞の審査結果発表
第1回あたらしい創作絵本大賞の審査結果発表

たくさんの作品ありがとうございます。応募終了しました。

第5回あたらしい創作絵本大賞・表彰式と合評会のご案内 自由に参加いただけます。

携帯メールからお問い合わせされる場合、PCメール(amini.jpドメイン)の受信を可に設定しておいてください。

こどものためのロングセラー絵本を創作する人を発掘していくコンテストです。

大賞 なし

優秀賞

5himo

「ひもげいにん」竹島 亜紀子

●プロフィール
1969年、神奈川県横浜市生まれ。現在鎌倉市在住。仕事と育児の合間に、こつこつ地味に絵本を描いています。好きな絵本は「モチモチの木」・好きなお話は宮沢賢治の「猫の事務所」です。

●受賞コメント
優秀賞に選んでいただいてありがとうございます。

昔から、絵本のアイディアは、色々心に持っていて、仕事の傍ら細々と趣味で描いていたのですが、唯一の読者は現在7歳の娘のみでした。ですので、今回作品を評価していただいたことは、本当に嬉しく、励みになりました。

今後も頑張って、もっといい絵本が描けるようにしたいです。そしていつか、出版して多くの人に読んでもらえるような作品を描くのが夢です。

佳作 5作品
「こどモノレール」西井 彰範
「花の旅」Az
「ざっとうざっとう」むとう だいじろう
「おじいちゃんとぼく」Asumi
「パパパンツおならごう」 とりやまゆき・さく/山羊山羊・え

最終選考に残ったが選ばれなかった作品

「こばとのすもう」村上 菜々
「るすばん」河野 綾沙
「かげぼうし」筒井 亜紀子
「ふしぎなとしょかん」神谷 綾
「めがねをこわしたうさぎのはなし」宮本 桐子
「なんとかなるかも」中井 晴香
「はなうた小道」大塚 凜

審査員 総評 (50音順)

富安 陽子

年々応募点数も増え、関係者一同大変喜んでいる。ただ、これも毎年のことながら、絵に比べ物語の弱さが際立ち、絵本テキストの難しさを改めて痛感させられる結果となった。
もちろん中には、ユーモラスな『パパパンツおならごう』など魅力的なテキストもあった。しかし、これを子どもたちに届ける一冊の本にするためには、まだまだ作品に磨きをかける必要があるだろう。
優秀賞の竹島 亜紀子さんは、達者な絵と、そつのない筋運びで「力のある新人」というのが皆の一致した評価だった。一方で、場面の風景や絵の構成にどこか既視感を覚える、という意見もあり、新人としての個性とオリジナリティに物足りなさが残った。これからの作品に期待したい。

長野 ヒデ子

「ひもげいにん」おはなしもよく出来ているけど、収まりが整いすぎてる。
上手くできているが迫力が足りない作品が多かった。
「おじいちゃんとぼく」もなかなかものだが、もう一つ何か欲しい。おしいなあ。

みやざき ひろかず

今回は絵もお話も飛びぬけた作品がなく少し残念です。『ひもげいにん』はその中で絵のセンスがよくて見ていているだけで楽しめました。アイデアもよいのですが絵本としてもっと面白くできたと思う部分がいくつかあります。素敵な世界を持っておられるので今後に期待します。
『こどモノレール』はページをめくった時の画面変化にもっと工夫あれば面白い作品になりそうです。『ざっとう ざっとう』『おじいちゃんとぼく』は独特の世界に心惹かれました。

宮下 恵茉

今回は多数応募があったにも関わらず、これだと思える作品がありませんでした。
毎年思うことですが、絵はとても上手なのに、肝心の物語が書けていない作品が多いです。
また、あきらかにムダな文章が多い作品も目につきました。絵本は絵と文で物語るものです。よけいな説明をしたり、変にお説教をしようとする作品が多かったのはとても残念でした。
既視感のある絵柄が多かったという意見も多数ありました。オリジナリティのある『あたらしい』作品をお待ちしています。

 

審査のためにお預かりしている原画は、近日中に返却します。

第3回の大賞作品がタイトル変更して未来屋書店より出版されました。
パジャマ じゃま!じゃま!』作・絵 仙田まどか 500円+税 詳しくはこちらを。

第5回募集要項

テーマ  こども
応募資格 プロ・アマ、国籍は問いません。
募集期間 2013年10月10日(木)~12月12日(木)当日消印有効 募集終了しました。
応募規定
1.オリジナル作品に限ります。
2. 過去、他のコンテストに提出した作品の応募はできません。
3. 複数作品の応募可。
4. 共著・共作・グループでの応募可。
※詳しい応募要項は下記を参照。

応募要項

サイズ:余白(ぬりたし)部分を含めて、原画見開きA3 サイズ縦297 ×横420 ミリ以内。縦長/ 横長どちらでも可。
(1)本文ページ数
A. 23 ページ(扉・タイトルページ+11 見開き)+ 表紙。
B. 31 ページ(扉・タイトルページ+15 見開き)+ 表紙。
※ A、B ページのいずれか。
(2)提出方法

  • 原画をカラーコピーし、各見開きにことばを印刷してはり込むか、手書きで記入してください。コピーは、原画より縮小しても可。CG出力も可。塗り足し部分にページを記入してください。
  • 左右ページを別々にコピーする場合は、センターで貼り合わせて見開きの状態にしてください。
  • 余白部分にページ数を記入してください。[扉・タイトルページが1ページ目です]
    ※ことばなし絵本の場合は、「ことばなし」と書いた紙を同封してください。
  • コピーの返却は行っておりません。

(3)規定以外の作品は、審査対象としません。
(4)一次審査通過作品は、原画提出を1 月30 日までにお願いします。メールか電話でお知らせします。
※連絡先を携帯メールにされている場合、PCメールからの連絡が届かないケースが多くあります。その場合は、コピーでの審査となります。あらかじめ、PCメール受信可設定と〈amini.jp〉受信を可に設定しておいてください。
最終選考は、原画でおこないます。コピー審査がおこなえる作品については、連絡しません。
(5)詳しい応募要項は、ホームページをご確認ください。

応募方法

(1) 応募票に必要事項を記入のうえ、作品と一緒に郵送。 応募1作品につき、必ず「応募票」を1 枚つけてください。
(2)参加費用:1 作品につき2500 円。指定のゆうちょ銀行の振替口座に振り込んでください。
ゆうちょ銀行振替口座
00980-4-256420 加入者名 児童文学科同窓会(ジドウブンガクカドウソウカイ)
他金融機関からの振込の場合
ゆうちょ銀行099 店
当座0256420 口座名義 児童文学科同窓会(ジドウブンガクカドウソウカイ)
(3)最終審査で原画提出の方は、ゆうパックの「着払い用宛名ラベル」に返却先の宛名を必ず記入のうえ、同封してください。

大賞1 作品 賞状と賞金10 万円、優秀賞1 作品 賞状と3 万円、佳作5 作品 賞状と図書カード5,000 円
大賞受賞作品は、一年間出版社などへ作品の売り込み、マッチング作業をアミーニで実施いたします。出版先がみつからない場合は、作品のオンデマンド出版をいたします。
発表:入賞者には、2014 年2 月下旬までに本人に連絡。一般発表は、3 月上旬頃ホームページで発表。

審査方法 

専門家審査員による審査
審査員
●富安 陽子(児童文学・絵本作家)
●長野 ヒデ子(絵本作家)
●みやざき ひろかず(絵本作家) 以上50 音順
●香曽我部 秀幸(絵本学/ 梅花女子大学教授) 敬称略
審査協力:児童文学科同窓会(児童文学作家・図書館司書・絵本研究家など)

作品郵送先 

〒542-0061大阪市中央区安堂寺町2-2-15島田ビル403号
アミーニ「第5回 あたらしい創作絵本大賞」係

コンテストに対するお問い合わせは、こちらから。
基本的な絵本の書き方・創作方法に関するお問い合わせはご遠慮ください。
お電話でのお問い合わせは、ご遠慮ください。
コンテストの案内&応募票が必要な方は、返信用の封筒に80円切手と返信先ご住所をご記入のうえ、上記の住所まで郵送してください。

その他

大賞作品の著作権、出版権は受賞後一年間は主催者・協賛者にあります。
大賞作品・優秀賞の作品につきましては、主催者及び協賛者が次年度の絵本大賞の案内・広告作成のために、自由に利用できる権利を許諾していただきます。原画は一年間、主催者が保管します。
応募時にご記載いただきました個人情報につきましては、応募作品の管理、選考結果の連絡の目的以外には使用いたしません。
参加費用の振り込み手数料はご負担ください。
※郵便物の郵送中の紛失などの事故につきましては一切の責任は負いません。書留やゆうパック、レターパックなどをご利用ください。

原画の描き方例

絵は、左片側ページのみ、右片側ページのみ、見開きページにわたって描く方法など、規定サイズ通りでしたら自由なレイアウトで描いてもらってかまいません。
表紙の描き方は自由です。表紙と裏表紙を別々の原画にしてもよいですし、表紙と裏表紙を一枚原画に描いても、どちらでもよいです。

主催:梅花こども・絵本・児童文学センター
共催・運営・事務局:アミーニ梅花女子大学児童文学科同窓会

Q&A 第1回目のQ&Aも参考にしてください

(基本的な絵本の書き方・創作方法に関するお問い合わせはご遠慮ください)

Q:原画の紙は何をつかったらいいのですか?
A:特に指定の紙はありません。絵が描きやすいご自分の表現のしやすい紙を使ってください。

Q:コンテストに作品を出したら、自費出版をすすめられるということはないですか?
A:コンテストの受賞作品は、出版社に持ち込みをしていきますが、自費出版をすすめることは一切しておりません。作品を記念に印刷したいということであれば、有償で印刷することも可能ですが、書店配本もしませんし、不必要な経費もとりません。

Q:参加費用はいつ支払ったらよいですか?
A:作品の発送と同時に、指定の口座にお振り込みください。入金確認のできない応募者の作品は審査対象外となります。

Q:表紙は本文のページに含まれるのでしょうか?
A:表紙は本文ページに含まれません。

Q:普通郵便で発送してもいいのですか?
A:普通郵便で発送していただいてもよいですが、郵便物の郵送中の紛失などの事故につきましては一切の責任は負いません。書留やゆうパックなど、到着の確認できる配達方法をご利用ください。着払い発送の場合は、作品を受け付けいたしませんのでご注意ください。

Q:12月12日にポスト投函しても間に合うのでしょうか?
A:12月12日の「当日消印有効」です。ポストの集荷時間が終わってから投函されますと、翌日消印扱いになりますのでご注意ください。

Q:コピー提出の場合、トンボ線はいらないでしょうか?
A:コピー提出の場合でもトンボ線は必要です。原画のどこまでが印刷範囲にあたるのか書いてお送りください。

Q: コピー用紙は普通紙で大丈夫でしょうか?
A:普通紙で大丈夫です。ただし、原画の絵が、ちゃんとわかるようにコピーしてください。コピーの色が薄いと審査ができません。紙質が悪く、コピーしても原画の絵がわかりにくい紙(わらばん紙や極端に薄い紙)での提出はひかえてくさい。審査員がみて判断できる状態にして提出してください。

Q:表紙を表裏一枚の原画に描いた場合、背タイトル部分の絵は描かなくてもいいのでしょうか?
A:表紙の描き方は自由です。

Q:扉(1ページめ)の紙のサイズは、1ページ分でいいのですか?
A:はい、1ページのサイズでいいです。

Q: 絵がない文章だけの作品を応募したい。
A:文章だけの作品受け付けはしておりません。

Q: 見開き原画で描いても大丈夫でしょうか?
A:見開き原画、片側ページだけの原画、それを混合して作成した原画、いずれでも大丈夫です。

Q:データで作品を受け付けてもらえませんか。
A:データでの作品の受け付けは行っておりません。

Q:作品を募集期間前に郵送してもよいでしょうか?
A:必ず、募集期間内に郵送してください。期間前に届いた作品は、募集作品として受付いたしません。着払いで返却いたします。

Q:製本して郵送する必要はありますか?
A:製本の必要はありません。

Q:表紙もコピーが必要ですか?
A:表紙も必要です。

Q:絵と文をあわせて、A3サイズ以内になるようにするのですか?
A:絵本は、絵とことばの位置を考えながら創作していきます。絵とことばが、A3サイズに入るように原画を描いてください。

Print Friendly