絵本教室アミーニについてに戻る>

好評につき、第四弾開催決定。

今回の募集は、過去に保育絵本ワークショップを受講経験のある方に限らせていただきます。

保育園や幼稚園に通う幼児向けの月刊保育絵本について知っていますか?
制作現場の思いや、作品の特徴などを学びながら、課題作品に合評形式でアドバイスをもらいます。
目標は、持ち込みできる作品を完成させることです。

 

日程 時間 内容
1 2018年2月25日(日) 13:30〜15:00 作品合評

【参加対象】これまでに、童話や絵本を創作した経験のある方。原作のみ担当、絵と原作両方担当希望、いずれでも可。「月刊保育絵本」に作品持ち込みを考えている方におすすめ。過去に保育絵本ワークショップを受講済みの方。

【受講料】
3,500円(税込み)
受講料の振込先は、申し込み後連絡します。入金確認後、「申込受付」のメールをもってご参加席の確保とさせていただきます。

【参加定員】10〜13名

【会場】絵本教室アミーニ(谷町六町目徒歩1分)

【注意事項】
今回の募集は、過去に「月刊保育絵本について知る」講座を受講経験のある方に限らせていただきます。
初めて創作をする方(初心者)向けのクラスではありません。
課題作品以外の作品合評はしません。
創作テーマ・課題については、申し込み後、お知らせします。
お休みされても振替クラスはありません。
交通機関のトラブルや天災、講師の事情などのため、やむを得ず休講とさせていただく時があります。その場合は別の日や時間を延長して補講を行うことを原則にします。
ご入金後、当日キャンセルの場合は返金できませんのでご了承ください。
このクラスでは、原稿の書き方や絵本創作の基礎知識・絵のデッサン・技法・画材の使い方などは、アドバイスしていません。

【申し込み後の流れ】
1)作品提出の締め切り日までに、受講料をお振り込みください。
※振り込みが遅くなりますと、課題テーマをお知らせするのが遅くなりますのでご注意ください。
2)振込確認後、絵本の課題テーマをお知らせします。
3)課題テーマに沿った5見開き絵本を3作品提出。
3作品のうちの1作品を講師が選び、作品合評を行います。

講師

丹治 智絵
2002年より4年間、ひかりのくにで月刊保育絵本の編集を担当。2007年にドイツへ渡り、現地の小学校と児童書出版社で働く。帰国後、学校図書館司書として、豊中市の小学校に勤務。2010年より、フレーベル館で再び児童書の編集に携わり、国内外の絵本、読み物を幅広く担当。
現在3歳と0歳の子どものお世話に追われながら、フリーで編集や翻訳の仕事をしている。

 

お申し込みの時に、メッセージ欄にご自身のパソコン操作状況についてお知らせください。
(作品合評の時、原稿のやりとりがパソコンでできるかどうかの確認です。手書き原稿でも参加できます。)
1.パソコンで原稿入力をする
2.パソコンでメールの送受信ができる
3.パソコン操作はできない
※該当項目をお知らせください。

■過去のワークショップクラスの様子は、こちら

Print Friendly, PDF & Email