童話教室について

2016年1月より 童話教室「はじめ〜る」クラスをスタートします。

説明文と描写文の書き方の違いを知っていますか?

そんなところから、きっちりと童話の書き方の基礎から教えちゃいます!

自由に作品を書いて合評していくだけでは、創作の技術はアップしません。

何を意識して創作すればよいのか、講師からアドバイスをしていきます。

受講を悩んでいる方は、今からの受講がチャンスです。

受講生には、毎回、課題にあわせた作品を書いてきてもらいます。

また、創作をするにあたって、知っておくとよい基礎知識もアドバイスします。

最初は、短い作品から書き始めて、

将来的には、長編作品を書き上げることを目標にしています。

 

童話教室

基本、奇数月・第4土曜日に開催 15:30~17:00まで
1、3、5、7、9月、11月
2016年(予定スケジュール)
1月23日(土)15:30〜 課題作品と創作アドバイス
3月 課題作品と創作アドバイス
5月 課題作品と創作アドバイス
7月 課題作品と創作アドバイス
9月 作品合評1
11月 課題作品と創作アドバイスもしくは、作品合評2

※課題作品は、指定のテーマで作品を書いてきてもらいます。

入会金:5,400円(税込み)※初回参加者のみ必要

受講料:1回 5,400円(税込み)

●注意事項●
欠席される場合は、開催週の水曜日までに連絡。
連絡先: mailad
※スパムメール対策のため、メールアドレスのリンクをしていません。
当日、キャンセルの場合は、受講料の1/2をお支払いください。
※受講生の出席がゼロで、講師だけ来るということを避けるためにも、事前の出欠連絡、ご協力お願いします。

 


会場 絵本教室アミーニ (地下鉄谷町線・鶴見緑地線 谷町六丁目下車2分)

 

  • 交通機関のトラブルや天災、講師の事情などのため、やむを得ず休講とさせていただく時があります。その場合は別の日や時間を延長して補講を行うことを原則にします。
  • 受講者都合でお休みされても、振替クラスはありません。あらかじめご了承ください。
  • 受講者都合でお休みされても、別のクラス(絵本教室・ワークショップ)への振替参加もできません。

 

講師紹介

楠 章子
1996年「ジャンプ・ジャンプ!」で第45回毎日児童小説・中学生向き部門にて優秀賞受賞。 2005年『神さまの住む町 』 (岩崎書店)でデビュー。著書に『古道具 ほんなら堂』(毎日新聞社)、『はなよめさん』『ゆずゆずきいろ』(ポプラ社)、『ゆうたとおつきみ』(くもん出版)、『まぼろしの薬売り』(あかね書房)、『古道具 ほんなら堂2 小さな命とあっちこっち』(毎日新聞社)など。

 

 

参加費用のお支払いについて

初めての参加は、指定の振込口座に、入会金と受講料を1週間前までにお振り込みください。

継続参加の受講生は、当日、現金でのお支払い、または指定の銀行口座にお振り込みください。

クレジットカードでのお支払いはできません。

受講者都合で、途中でご参加いただけなくなった場合、受講料の返金はしておりません。

 

Print Friendly