たくさんの作品ありがとうございます。応募終了しました。

第1回審査結果

こどものためのロングセラー絵本を創作する人を発掘していくコンテストです

大賞 該当なし

優秀賞 2作品
『ぶたとおちゃんのかえりみち』いなおか ときこ

 

●プロフィール
1984年東京生まれ東京在住。小さい頃、近所のお絵かき教室に通い、すてきな先生と出会う。両親が、よく絵本をよんでくれたり、お話をしてくれ、むかしから本がだいすき。高校卒業後、保育の専門学校に通い、絵本とあらためて出会う。卒業制作では、初めて絵本を描く。
その後、保育園で3年ほど働き、まいにち子どもと色んな絵本をよんでいるうちに、ますます絵本が好きになる。2008年4月、保育園を辞し、東京・築地 にある、パレットクラブ絵本コースで1年間まなぶ。現在は、絵本をメインに版画(紙版や木版)など制作している。好きなこと、散歩、つくること、ピアノ、 三線。好きなひと、スズキコージ、ジョン・バーニンガム、井上洋介、ガース・ウィリアムス…ほかたくさん!

●受賞コメント
この度は、賞をいただきましてありがとうございます。こうして「ぶたとおちゃん」が読んでもらえ、好きになってもらえて、嬉しい気持ちでいっぱいです。
「ぶたとおちゃん」は、散歩みたいな絵本が描きたいな、と思い描いた絵本です。ゆったりとした時間、景色とそこにいる人々やものなどを読んでくださる方に楽しんでいただけたらと思います。
今回、審査員の先生方にいただきました講評を今後に生かし、よりよい作品を描いていきたいです。本当にありがとうございました!

 

『スキナモノ』木村 智博

 

1973年生まれ。宝塚造形芸術大学大学院造形研究科修了。CGアーティスト。1997年 オペルデザインコンテスト’97、スカラシップ賞、MdN賞。1997、2002年度、東レDCA、最優秀賞。2003年文化庁メディア芸術祭5点の組作 品で審査委員会推選作品に選出。等 大阪府在住
kimura.gogo.tc/

●受賞コメント
この度は、優秀賞に選出して頂き、本当にありがとうございます。3年前に子どもが生まれて家族の大切さをあらためて感じ、それを絵本という形で残してお きたいと考えたのが、この「スキナモノ」をつくるきっかけです。全体としてのストーリーはつくらずに絵でみせるという考えで制作したため、リズム感がなく なり全体の流れがつくれなかったのが反省点です。今後、これをきっかけに、また新しい絵本の制作につなげていければと思います。

 

佳作 5作品
『でんでん でんこちゃん』いはた れいこ
『みえーる めがね』ささき ひろこ
『かもめのギーヨ』竹内 香ノ子
『グ~グ~グ~ドス!ドス!ドス!』三幣 真代
『モモいろモモス』神田 誠一

上記以外の 最終候補作品
『走る帰り道』はまだ かずまさ
『ふーわちゃん』あきの ふう
『くるみちゃんとももかちゃん~はるよこい!~』大宮 典子

今回は、大賞該当がなしということもあり、優秀賞が2作えらばれました。
作品選考の際には、審査を公平にするため、作者プロフィールは確認せず、作品のみを読んで審査しています。

 

審査員 総評

富安 陽子
第1回の審査を終えて、絵と文章両方の水準を兼ね備えた作品を成立させるのは本当に難しいものなんだなと実感しました。絵に十分力があっても、物語の構成や文章の展開が稚拙であったり、発想は面白いのにそれを視覚化する絵のスキルが低かったり…。
優秀賞に選ばれた二作品は、それぞれ魅力的で新しい可能性を感じさせるものの、絵本の水準に一歩およばず、ということで大賞は見送られました。今後のお二人の成長に期待します。

長野 ヒデ子
第1回で楽しみの選考でした。どの作品からも熱心な思いが伝わってきますが、大事なものを取り残したり、入れすぎたり、整理されてなく、お話はいいのに絵 が残念とか惜しいのが多かった。『ぶたとうちゃんのかえりみち』は絵がたのしく、ぐんぐん引きつけられたのですが、後半からガクンと力抜けた展開でおし い。『スキナモノ』は質の高いイラストなのにプツプツ切れる。絵に連なりがあると、さらに物語が生まれ、ぺージをめくるリズムも生まれて絵本の展開になっ てゆくのにもったいない。そこがデザインと絵本とは違うところと思う。『でんでんでんこちゃん』は発想がたのしかった。

みやざき ひろかず      以上50音順
大賞が選べなくて残念です。『スキナモノ』はグラフィックの完成度は高いのですが、やはり全ページを通してのお話がほしいのと絵の素材の多くが既成の品 物で構成されているのが物足りなく思えます。もっと驚くようなイメージの世界を見せてほしい。『ぶたとおちゃんのかえりみち』は味わいのある絵、のどかな 世界が素敵です。人物の表現やお話の構成がもう少し上手になるととっても良くなると思います。

高科 正信
どんな絵本に出会えるか楽しみにして読みましたが、大賞に推せる作品はありませんでした。描きたいテーマ、魅力的な絵、物語性に富むテキストが揃って絵 本です。三つのどれが欠けても、おもしろかった、とはなりません。自分が表現したい絵本の世界は何かを熟考してください。絵は山ほど描いて、文は山ほど書 き直してください。胸にしみいる絵本、とんでもなくバカバカしい絵本、待っています。いなおかときこさん、さらなる精進を。

こどものためのロングセラー絵本を創作する人を発掘していくコンテストです。

第1回募集要項

テーマ  こども
応募資格 プロ・アマ、国籍は問いません。
募集期間 2009年10月15日(木)~12月15日(火)当日消印有効

応募規定
1.オリジナル作品に限ります。
2. 過去、他のコンテストに提出した作品の応募はできません。
3. 複数作品の応募可。
4. 共著・共作・グループでの応募可。
※詳しい応募要項は下記を参照。

大賞1 作品 賞状と賞金10 万円、優秀賞1 作品 賞状と3 万円、佳作5 作品 賞状と図書カード5,000 円
大賞受賞作品は、一年間出版社などへ作品の売り込み、マッチング作業をアミーニで実施いたします。出版先がみつからない場合は、作品のオンデマンド出版をいたします。
発表:入賞者には、2011 年2 月下旬までに本人に連絡。一般発表は、3 月上旬頃ホームページで発表。

審査方法

専門家審査員による審査
審査員
●富安 陽子(児童文学・絵本作家)
●長野 ヒデ子(絵本作家)
●みやざき ひろかず(絵本作家) 以上50 音順
●高科 正信(児童文学作家/ 梅花女子大学教授)
●香曽我部 秀幸(絵本学/ 梅花女子大学教授) 敬称略
一次審査を児童文学科同窓会が行います。(審査員は、図書館司書、児童文学作家、絵本研究者など。応募者は含みません)

 

その他

大賞作品の著作権、出版権は受賞後一年間は主催者・協賛者にあります。
大賞作品・優秀賞の作品につきましては、主催者及び協賛者が次年度の絵本大賞の案内・広告作成のために、自由に利用できる権利を許諾していただきます。原画は一年間、主催者が保管します。
応募時にご記載いただきました個人情報につきましては、応募作品の管理、選考結果の連絡の目的以外には使用いたしません。
参加費用の振り込み手数料はご負担ください。
※郵便物の郵送中の紛失などの事故につきましては一切の責任は負いません。書留やゆうパックなどをご利用ください。

 

Print Friendly, PDF & Email