第1回あたらしい創作絵本大賞の審査結果発表

たくさんの作品ありがとうございます。応募終了しました。

第2回審査結果

大賞
「ちいさなくるま」 みうら もえ

●プロフィール

1975年生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。
第14、20回 リクルート主催グラフィックアート「ひとつぼ展」入選。
株式会社ナムコでゲームビジュアルデザイナーとして、5年間勤務。
現在は、三鷹の保育園で働きながら絵本制作中です。

●受賞コメント
実は、おかしな自信がありました。 反面とんでもない未熟品だ、という気持ちもありました。丁寧に観て下さった主催者の方々、審査員の先生方 に本当に感謝しております。
頭に浮かぶアイデアも手から生まれる線や形も周囲の人や自然がくれた栄養によるもので、一人では出来ない事ばかりと思っています。 このお話で、よんだ人が顔を上に向けてワクワクした気分になれたらいいなと思います。 この先も絵本をずっと制作してゆくうえで、 まだまだ課題はとてつもなく多く、先も長いと存じています。それを楽しみながら作り続けてゆきます。

優秀賞 なし

佳作(作品受付順)
「エミリオのはるなつあきふゆ」てるこ まり
「からすのカータ」三幣 真代
「ヤヤとロロのそらすもう」おおの きょうこ
「ふゆのひのおとしもの」いぬいじょう ゆり
「いびきまくら」とりやま ゆき
「くものアーレイ」森下 知永

最終選考に残ったが佳作に選ばれなかった作品
「とびらのおおいいえ」mitaka
「わたしのいろ」木村智博
「世界一番素敵な夢」方セミ(バン セミ)
「モコのだいぼうけん」芝野梨沙
「ペロ」仙田まどか

作品選考の際には、審査を公平にするため、作者プロフィールは確認せず、作品のみを読んで審査しています。

審査員 総評

富安 陽子
今回は、絵に力のある作品が多かったように思います。「エミリオのはるなつあきふゆ」(てるこまり氏)の幸福なイメージに満ちた絵画表現や、「ふゆのひ のおとしもの」(いぬいじょうゆり氏)のトーンをおさえた静かな雪の世界の表現にも好感が持てました。「カラスのカータ」の三幣真代氏は昨年に続く応募で したが絵がグンと魅力的になっていて驚かされました。「ヤヤとロロのそらすもう」(おおのきょうこ氏)の絵には圧倒的なインパクトとはちゃめちゃな面白さ があり審査員の評価も高かったのですがストーリーの迷走が作品の足をひっぱたのが残念です。「いびきまくら」(とりやまゆき氏)、「くものアーレイ」(森 下知永氏)は、ユーモラスなアイデアに一票。子どもたちも、こういうお話は好きだろうなと思いました。「ちいさなくるま」(みうらもえ氏)は、頁をめくる 度に一つひとつの場面が物語を語りかけてくるようで、納得の大賞受賞です。おめでとうございます!

長野 ヒデ子
2回目となると前回よりも力作が多く選考も楽しくありました。
とてもユニークな発想でおもしろい作品が何点かありました。しかし、絵とテキストがうまくかみ合っていなので残念だと思う作品が多かった。どちらかが足りないのです。
いい絵なのにストーリーがおしい!とか、出だしはとてもいいのに、後半つまらなくなって持続できてないのです。一作仕上げるのは大変なことだけどがんばってほしい。!
大賞受賞みうらもえさんおめでとう。みうらさんの作品「ちいさなくるま」は絵が本当に細部にわたってこまやかで、ゆたかな色使いで心情を表現されていて、 絵の展開のリズムもありとてもよかった。絵に比べて、テキストのほうは擬音だけでまとめられてあり、擬音だけでまとめる難しさがクリアできてない気がし た。この擬音にもうひとつ工夫がほしかった。
佳作の「いびきまくら」「くものアレーイ」は本当にユーモアがあり、切り口が新鮮で、素直におもしろい!どちらも好きな作品で大賞にも迫るものがあっ た。おしかったですね。この2作はうまく編集すればもっとよくなるなあと思った。「エ ミリオのはるなつあきふゆ」は、絵がはちゃめちゃに面白い!本当に、このエネルギーに圧倒された!おもしろいいい絵だ。ぜひともテキストを再検討してやり 直したらすごい作品になるのになあ、もったいないなあ。「からすのカータ」は元気がよく「ヤヤとロロのそらのすもう」は楽しい。共にまださらに良くなら れる素質のあられる方だ。
「ふゆのひのおとしもの」は、まとまりも丁寧でとても気持ちのいい作品。それだけにもう一つ何かがほしかった。おしい。
選に漏れた方で「とびらのおおいいえ」「わたしのいろ」「世界一番素敵な夢」「おねがいサンタさん」が気になり面白かったが、いいところで絵と文が息切れしていて、おしかった、次作とても期待しています。

みやざき ひろかず 以上50音順
大賞に選ばれた「ちいさなくるま」は、絵を追っていくと自然に物語が展開し、その世界に引き込まれます。文章の長い物語的作品が多かった中で、絵だけで も読める絵本本来の魅力を持っています。乗り物がしっかり描かれないと、このお話の魅力は伝わらないのですが、まるで手で掴めそうなバスなど、表現力の確 かさを感じました。
「エミリオのはるなつあきふゆ」はみずみずしく素直な絵がここちよい作品。ハーブの庭に居るような爽やかな魅力を感じました。
「ヤヤとロロのそらすもう」は絵がユニークで力があります。画面全面に絵を描きすぎてパワフルさが100%伝わってこないのが惜しい気がします。「ふゆ のひのおとしもの」は静かな抒情的世界が素敵。「からすのカータ」は絵の表現力をもうすこし。「いびきまくら」はアイデアがとっても面白い!「くものアー レイ」は大胆な絵と発想が魅力です。

高科 正信
「エミリオのはるなつあきふゆ」はまとまりのある作品でしたが、出版となると平凡で弱い。「からすのカータ」「ヤヤとロロのそらすもう」はともに、絵に可 能性を感じました。けれど物語性、文章力に難あり。「ふゆのおとしもの」は、詩情ある筆致が冬を描きながらも暖かみのある作品でした。そのぶん、予定調和 な結末がものたりません。また、「いびきまくら」「くものアーレイ」の発想はよかったものの、絵に力がありませんでした。
というわけで、「ちいさなくるま」です。ただし、もろ手を挙げてこれだ、と思ったわけではありません。発想のおもしろさと展開力には魅かれました。しか し出版をひとつのハードルと考えると、熟考しなければならないことがあります。オノマトペです。実にありきたりな音の羅列に頼ってしまった。ことばは心地 よく響きかなくてはなりませんから。

 

審査方法

専門家審査員による審査
審査員
●富安 陽子(児童文学・絵本作家)
●長野 ヒデ子(絵本作家)
●みやざき ひろかず(絵本作家) 以上50 音順
●高科 正信(児童文学作家/ 梅花女子大学教授)
●香曽我部 秀幸(絵本学/ 梅花女子大学教授) 敬称略
一次審査を児童文学科同窓会が行います。(審査員は、図書館司書、児童文学作家、絵本研究者など。応募者は含みません)

 

その他

大賞作品の著作権、出版権は受賞後一年間は主催者・協賛者にあります。
大賞作品・優秀賞の作品につきましては、主催者及び協賛者が次年度の絵本大賞の案内・広告作成のために、自由に利用できる権利を許諾していただきます。原画は一年間、主催者が保管します。
応募時にご記載いただきました個人情報につきましては、応募作品の管理、選考結果の連絡の目的以外には使用いたしません。
参加費用の振り込み手数料はご負担ください。
※郵便物の郵送中の紛失などの事故につきましては一切の責任は負いません。書留やゆうパックなどをご利用ください。

主催:梅花女子大学 児童文学・絵本センター
共催・運営・事務局:アミーニ、梅花女子大学児童文学科同窓会

 

Print Friendly, PDF & Email